インフラエンジニアのノウハウ・基礎知識

  • インフラエンジニアについて
    • インフラエンジニアの仕事内容

      商用UNIXやLinux系がメインであり、Windows系も得意、またLANやWANについても一様のスキルを有しているという方はインフラエンジニアがマッチしているとよく言われます。Linuxは自宅で複数仮想的に運用している、とか、WindowsとVmwareを駆使してLAMP環境の負荷対策を実験している方、たくさんの方がいます。 実際の仕事といえば、サーバ導入に立ち会ったり、ある程度まで導入が進めばミドルウエアを導入したりデータベースのチューニングにも慣れている方は着手します。またサーバ上で稼動するアプリケーションに障害が起こればその影響はかなり広範囲ですから、業務をトータルに見渡した対応が求められます。 またインフラ系に就く方は他の職種に比べて少ないと言われていますが、不景気になってもその分競争が激化したりしないというのが一番の強みかもしれません、もちろんインフラエンジニアといっても色々ですが、いわゆるベンダー対応ばかりしているようなタイプではなく、率先してインフラの効果を高めていくことに専念できればまず間違いはないとも言われています。 またインフラ系はオタク系が多い、などとも言われますがイメージ通りにはいかず様々な人が多いしユニークで面白い人も多いようです、縁の下の力持ちとも言えます、特にWEBデザイナー等のフロントエンドに比較して、自分なりの美学を持っている方が多いというのも頷けます。

    • インフラエンジニアの資格

      Linuxは代表的な技術と言えます。LinuxにはLPIC認定制度があり、たくさんのエンジニアが取得に励んでいますが、大規模なWEBサイト構築にも対応できる拡張性を持ち、またカスタマイズも容易で、費用もかからずに済み、インターネットサービスから社内LANまでどんどん導入が進んでいます。 Linuxの他にはネットワーク機器のスタンダード的存在と言えるciscoの技術者認定資格を持っていると尚幅があると言えます。 やはりインターネットサービスの分野が急速に伸びている現状、この2つを持っていればまず資格的には間違いないと言えるでしょう。 Linuxについてはサーバやネットワークの構築、運用、トラブル対応、オープンソース系のプログラマーまで、多彩な職種の方がチャレンジしています。Windowsであればいける、という方もキャリアチェンジのためにチャレンジしてみるのはかなりお勧めです。 また従来からUNIX系には強かったという方にも、今のオープンソースムーブメントとも言える時代を理解する大きなポイントと言えるでしょう。

    • インフラエンジニアの平均年収

      IT系の職種でもっとも年収が高いといえば、プロジェクトマネージャーやアナリスト、またコンサルティングファーム系などもトップランクに位置します。ではインフラ系はどうでしょう?インフラエンジニアとしてどれくらい投資が必要かを考えると、かなり広範囲なスキルを持っておくべき立場として、やはりある程度以上は必要と考える方も多いと思います。 実際には運用監視、テクニカルサポート系として600万円程度が平均と言われています。もちろん年代による差もありますが、30代で600万円とすれば20代では500万円底々は維持できると考えても無難でしょう。 ではインフラエンジニアのスキルによっても違いはあるのか、やはり時代はテクノロジーがどんどん加速していきますから当然と考えてもいいでしょう。たとえばクラウド系のエンジニアとして仮想化を支えたり、かなり大規模なネットワークにも対応できるような場合と比較して、社内ネットワーク運用・保守に関する基本的スキルがある程度の場合は大きく下回ります。 基本スキルだけであれば400万円程度が相場ですし、インフラ設計や構築、そしてプロジェクトのリーダークラスにも採用されるようになれば700万円を超えるとも言われています。 またネットワークの提案や導入について上流工程に参加できるようになれば、プロジェクトマネージャークラスにキャリアチェンジ、年収1000万円を実現することも夢ではないと思います。

    • インフラエンジニアのキャリアパス

      インフラエンジニアのキャリアパスを考えた場合、スペシャリストとしてポジションを維持していくのか、また管理職・リーダークラスに昇進したいと考えるのかどちらかを選択することになります。リーダーの他にはコンサルタントの道もありますが、コンサルタントは専門性があったほうが進みやすいとも言われています。 また一般的にですが、スペシャリストという響きからは、技術力は重宝されても管理職にはリーチしずらい、つまりマイナスイメージが強いとも言えますし、特に大手のSIer系では傾向が強いようです。 スペシャリストとしてインフラエンジニアは専門性を磨くしかないのでしょうか? まず従来のPGからSE、そしてPMという単純な図式から、キャリアパスはどんどん多様化してきています。やはりスペシャリストでも十分に道を開く可能性はありますし、キャリアに全く答えはありません。 キャリアパスと1口に言っても多様な方法があります。まずエンジニアである以上、特にビギナーの頃は技術力が全てであり、OSやデータベース、ネットワークや言語等の主要なスキルを長くて数年かけて獲得することがメインになってきます。 またその後は色々な職種に検討をつけたり、スキルについてもなにが必要なのかを知った上で、プロジェクトマネージャーを目指すべきか、あるいは高度化した内容をもっと追求し、スペシャリストを目指すのか、あるいはコンサルティングファームを目指すかを見極めることも可能です。