インフラエンジニアについて

インフラエンジニアの将来性

インフラエンジニアの将来性

インフラエンジニアの将来性について、例えばスペシャリストではなくリーダーへのキャリアパスを描いたほうが無難ではないか、いやスペシャリストでも十分に高いレベルの仕事ができる、など様々な意見があります。また将来のキャリアパスよりも大事、まず現状大きな壁としてある、と最近よく言われるのがクラウド系技術です。

クラウド、あるいは仮想化技術を考えた場合、物理的なインフラ設備をいかに活用できても、これから主流になってくるストレージを接続する仮想ネットワークについて、またHadoopやMapReduce等の仮想化技術とどうやって組み合わせるのかなど、既に多くのインフラエンジニアがチャレンジしている課題とも言えます。

またすでに数多くリリースされているクラウド系サービスの多くは、既存のベンダーテクノロジーの枠を超えて様々な自作ツールを活用していると言われています。このような意味でインフラエンジニアはアプリケーション開発の分野でも活躍できるような素養が必要と言えるでしょう。

OSでもルーターでもプログラミングによってカスタマイズする時代になり、インフラエンジニアとしてシェルを構築するだけではない、より幅広いスキルを持つエンジニアにキャリアアップすることがまず現実的と言えるのではないでしょうか。
ある意味でSEやプログラマー等の従来のキャリアパスを描きやすかった職種よりも、明るい将来が開けてくるのかもしれませんし、絶対数が少ないと言われるインフラだからこそチャレンジする意味も大きいと思います。

  • インフラエンジニアのキャリアパス

    インフラエンジニアの将来性

    インフラエンジニアのキャリアパスを考えた場合、スペシャリストとしてポジションを維持していくのか、また管理職・リーダークラスに昇進したいと考えるのかどちらかを選択することになります。リーダーの他にはコンサルタントの道もありますが、コンサルタントは専門性があったほうが進みやすいとも言われています。 また一般的にですが、スペシャリストという響きからは、技術力は重宝されても管理職にはリーチしずらい…

  • インフラエンジニアの平均年収

    インフラエンジニアの将来性

    IT系の職種でもっとも年収が高いといえば、プロジェクトマネージャーやアナリスト、またコンサルティングファーム系などもトップランクに位置します。ではインフラ系はどうでしょう?インフラエンジニアとしてどれくらい投資が必要かを考えると、かなり広範囲なスキルを持っておくべき立場として、やはりある程度以上は必要と考える方も多いと思います。 実際には運用監視、テクニカルサポート系として600万円程度が…

  • インフラエンジニアの資格

    インフラエンジニアの将来性

    Linuxは代表的な技術と言えます。LinuxにはLPIC認定制度があり、たくさんのエンジニアが取得に励んでいますが、大規模なWEBサイト構築にも対応できる拡張性を持ち、またカスタマイズも容易で、費用もかからずに済み、インターネットサービスから社内LANまでどんどん導入が進んでいます。 Linuxの他にはネットワーク機器のスタンダード的存在と言えるciscoの技術者認定資格を持っていると尚…

  • インフラエンジニアの仕事内容

    インフラエンジニアの将来性

    商用UNIXやLinux系がメインであり、Windows系も得意、またLANやWANについても一様のスキルを有しているという方はインフラエンジニアがマッチしているとよく言われます。Linuxは自宅で複数仮想的に運用している、とか、WindowsとVmwareを駆使してLAMP環境の負荷対策を実験している方、たくさんの方がいます。 実際の仕事といえば、サーバ導入に立ち会ったり、ある程度まで導…